excitemusic

Groovy takeing
by ko-tano
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ帳
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


実態経済という視点

社長の経済学 / 著:山口 義行


社長の経済学

山口 義行 / KADOKAWA/中経出版




新聞に出ている記事と自分たちの直面する実体経済の
ズレは誰しもが感じることだと思います。

特に、中小・零細企業、SOHOまでそれぞれの捉え方はあれど
“結局、大企業目線のニュースね”という根底の思いはあるのではないでしょうか。

そんな日々悶々としたところからニュースをみるのではなく
自分たち目線でニュースを捕らえましょうというのが本の主たるテーマです。

では、大企業でない側の経済とは何か?それは我々の接している
リアルな実体経済、商売を取り巻く環境について考察していくことです。

もっと言うと、自分たちの市場創造をどうやっていくか!それが実態経済
であり?!それ無しに今までの商流・商習慣を続けては先細りする一方で
下請け的な今までの流れを打破できない

もっと事業コンセプトを明確にして、市場創造するには!

これがこの本の素晴らしい切り口になっております
事例も豊富で刺激のある一冊でした。
[PR]
# by ko-tano | 2014-03-31 18:44 |
確かにすごいOne piece
One pieceは確かに面白い、新参者ながらファンになってしまった。

そして、友人知人に全巻揃えている人間が3人居るとは、これも驚愕!
何故、皆早々に薦めてくれなかったか、人が悪い(笑)。

One Pieceを観て思ったのは、結局受けての気持ちがどう高揚するか
というのに、内容が真実かフィクションかは関係ないということ。

もちろん、作者の人間性とかそこに求めもしない!
作品面白ければそれでいい!One Pieceをあるがままに受け入れたらいい。

で、少々時事ネタなんですが(遅れた)
クラッシックは専門外で聴いていませんが・・・

ウソはイカンですよ、これは肯定しません。
他に言われている内容も肯定はしていません。

でも、でも、表に出てしまった作曲経緯から「悪だ」と
リンクさせる必要があるのだろうか?

作者がウソをついていた。
モチーフだけ出して、仕上げる人間は別に居た

という明るみになった経緯により、いい曲だと思った
高揚感が覆る必要があるのだろうか?
僕にはやっぱり理解できない。


One Pieceに戻りますが・・・One Pieceには、感動の
シーンが沢山あります。その中でもこのシャンクスの場面は
大好きです。

このキャラ設定で、この内容を、このお方の声で作るとは・・・


[PR]
# by ko-tano | 2014-03-18 19:38 | 雑談
ゴルフ本の中では強烈な1冊
最近、全くブログの更新をしていませんでした。

リハビリを兼ねて、まずはアクションということで
色々と本の紹介です。

正月休みから読んだ本です。

まずは、ゴルフです。


すぐれたゴルフの意思決定―「熟慮速断」の上達法

印南一路 / 東洋経済新報社



AM文化放送 月曜日から金曜日 8時前に武田鉄矢の三枚おろし という
コーナーがあります。そこで取り上げていた本なんですが、僕が聴いた時の
内容と読み終わっての印象が全然違いました。

もちろん、いい意味です。

ゴルフの1打における、思考・選択の根拠をしっかりと定義しろという本です。
その為に必要な条件を学べ!そんな趣旨になります。
ビジネス書がゴルフ題材で書かれているとも言えますが・・・

読む場合には、「あとがき」から読むのをお薦め致します。
その方がつかみ易い!ダレないと思います。

次は・・・

私が変わればゴルフが変わる

ボブ ロテラ / 飛鳥新社



プロゴルファーのメンタルコーチの本です。

メンタル路線の本は多数ありますし、この本でなくては駄目という
キラーコンテンツがありませんでした。

このジャンルにおいて、どの本が本家、本流で、亜流の判断はできません
途中疲れて、スピードダウンしましたが、読んだのは正月
最初の数ページ“目標設定とその意識について”がいきなりハイライトでした。


今更ですが・・・ワンピースにはまりまして、大人借りして
楽しんだ正月から現在です。

作者は、ドラッカーを読んでワンピース書き出したのでしょうか?
そうではないと思いますが(笑)、何かモチーフはあったのでしょうか?
新参者にはわかりません

面白いですね!ワンピース。

ONE PIECE piece.1 [DVD]

エイベックス・トラックス


[PR]
# by ko-tano | 2014-02-19 19:25 |
会社の存在意義と方向性
あることがきっかけで、自問していました。
わが社の存在意義とは?僕はどこへ向かいたいのだろうか?
この2つです。

親しい経営者A先輩と食事の約束があり、会社に一旦伺い
でる予定でした。いつもスタッフ様、雇用形態に関わらず元気で
お邪魔した方もパワーをもらえるいい会社の雰囲気、最高です。

しかし、この日は少し違っていました。
社歴の長いお二方がいらっしゃらず、社内の机レイアウトも変更
何か変った事が安易に想像できました。

少々伺い難い事でしたが、お酒も手伝って訊いてみました。
「Oさんと、Nさんレイアウト変更してどちらに行かれたんですか?」

その問いにA先輩は「Oさんは退社した、Nさんは倉庫に行ってもらった
配置転換だねぇ」それ以上は僕も突っ込まず、一旦この話はここで終わりました。

その後、不意にA先輩は「タノウエさ、どんな会社にして、どんな方向に進めたいか
ちゃんと決っていて、日々出来ることからチャレンジしてる?案件に流されてない?;笑」
僕のどこをみてか、知ってか(笑)、相変わらず鋭い質問でした

僕は「日々出来ている事にチャレンジしていません・・・残念ながら・・・」と応えました。

 先のOさんは退社、Nさんは配置転換で移動しました。しかし、A先輩は「次ぎのステージ
さらなる成長のステージに向かう時に必要な転機だから仕方がない」と最後に言ったのが
印象的でした。

 弊社の規模でも事件は起ります。それは、仕事から“成長せんかァ-”と言わんばかりの
今以上のリスクを背負って覚悟を決めないと着手できない案件であったり、
時には、大切なスタッフの家族に訪れる事だったり(いいものも、わるいものも)。

受ける側が困ってしまう、辛いと感じてしまう時に、いつもの癖で今の立ち居地から
その「出来事(事件)」を捉え、意味を持たせようとします。
それが息苦しくさせる原因ではないでしょうか?

転機にいい・悪いはなく、転機は転機であって、捉える側が捉え方を変えるしかいない
即ち、将来の目標・・・あるべき姿、あるべき場所からその「出来事」を捉える・・・俯瞰(ふかん)
して今をみる、それが大人の経営者ってものかなぁ????そんな事を渋滞の車中
考えておりました。
[PR]
# by ko-tano | 2013-11-26 18:30 | 仕事
ゴルフと仕事は似ている!
ゴルフを心の格闘技だと言った人がいました。
何とうまい表現でしょうか!すっかり受売りしております。

ゴルフは人生や経営にも例えられます。

どんな辛い場面でも自分でクリアしていかねばなりません
そして、苦しい場面だけでなく、ラッキーな場面にも遭遇しますが
その度に本当の自分が露になります。

それを知った上で“準備”をしていく・・・そこに本質があるのでは
ないでしょうか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000006-alba-golf

上記にて
プロゴルファー田中秀道氏が、石川選手・松山選手についてご意見されています。
US PGA ツアーの厳しさをしるからこそのコメント、興味深く読みました。

その中で、(レベルの差はありますが)自分にも当てはまる点がありましたので
抜粋させていただきます。


----- 優勝に近付くポイントを下記のように指摘しております-------


 松山は馬力があるけど、日本でのように突出している訳ではありません。
石川には前述したようにパワーでハンディがあることは確かです。

考え方としては、大きなゴルフでパワー勝負を挑むのではなく、勝負の場所を変えることです。
たとえば、
フェアウェイキープ率を5%上げるとか、
パットの数字を上げるとか、

ラフの打ち方を徹底的に習得するとか。

アプローチ、パターでリズムをつくるのは当然ですが、米ツアーで
アプローチが下手な選手はまずいません。
自分のどこを伸ばすかを間違えなければ、優勝する日が来るはずです。

-------------



僕のような素人は番手とその距離、弾道、軌道のようなものばかりに
囚われます。少し目線を変えるいいヒントがあると思います。



昔、新規のアポイント数を基準に話をする方がいました。
類似した話ですが、350Y飛ばすゴルフファーが一流のゴルファーではりません。
[PR]
# by ko-tano | 2013-10-28 20:43 | 仕事
WILLPOWER 意志力の科学
余計なことを考えず行動計画に従い、目の前の事に集中して
やるべきを優先する、重要事項を優先する動いを如何にして
やり遂げるか、自分をそれに従わすか!継続の習慣化とは!

そんな内容でこの本は書かれています。

自助論よりももう少し実験的で、応用しやすい内容に
なっています。

今回も2回読みましたが、また次期を改めて
読み返えしたい本に出合えたと思います。


この本ではありませんが運動の反復練習を習慣化する
いい方法があります、野村克也さんのアイディアです。

野球、ゴルフ、テニスなどの素振りなのですが・・・
1日・・・回と決めるのではなく、時間で縛るというやり方です。
10分素振りをする!という具合です。

更にこれは応用ができます。営業マンのテレアポ(営業の
商品サービスを説明に上がる時間をお約束いただく電話)
も基本は時間縛りです。

件数で縛ると上手く行きません、挫折の原因になります。

優先順位はそれぞれ異なります(新人と2・3年目の営業マンとは)が
習慣化していくのには時間で縛る事をお薦めします。


WILLPOWER 意志力の科学

ロイ・バウマイスター / インターシフト


[PR]
# by ko-tano | 2013-09-30 17:45 |
出来る事から変えていく!
会社も時間の経過と共に違ったサービス提供をするケースが
出来てきます。

幸いなことにそんなチャンスをいただいているのですが
受託側の気付きや成長を試されているようで、意味深いものだと
感じています。


営業の新しい動きを作っていく・・・そんな依頼を受けて仕事にしております。
コンサルティングだとは思っていません(大そうな!)
野球で例えると選手兼コーチ、そんな言い方が最適かもしれません。



業種は印刷会社さんです。



印刷会社さんは、我々の大切なブレーンでもあり、時にはお客様
にもなります。よって、両方向からその会社や業界の特徴がみえて
きます。

そこで、選手兼コーチが最近見ている、ある印刷会社さんの話を少しさせて
いただきます。業種や業態は違えど何か参考になればと思います。





印刷会社さんの目下の大きな障害は、インターネット経由で受託
するネット印刷です。

特徴として、

価格・納期は開示さえている(見積を待つ必要もない、いつ届くか心配もない)
用紙は選べる(ごくごく一般的なものは殆ど揃っている)
発注は簡単(データを投げれば進行する)
決裁もスムーズ(好きな方法で支払ができる)

これは、今まで一般的に印刷会社さんがやっていなかったこと(=出来ない開示や部分も
ある、そもそも印刷のやり方自体が異なるという点はあります)ですが、
最大の魅力とは何になるでしょうか?



その最大の魅力は「価格が安いから・・・???」


もし、そう答えた営業マンや経営者が居たら、ネット経由の印刷会社さんに
苦戦し続ける事でしょう!
そもそも困るのは、中小の印刷会社です。



大凸さんのような大手さんはいいんです、紙刷らなくても儲かる仕組みが
ありますから!


では、既存の印刷会社さんを苦戦させているネット印刷さんの魅力は何でしょうか?










細かい対応です。もっといいますと、仕組化されたプロダクトマネジメントに
こそネット印刷さんの強みがあります。






案件受け付けました。
出荷予定日・・・

データ受け取りましたチェックします


データOKです
印刷に入ります。


印刷終わりました、後加工します、予定では・・日出荷です。


送り状の番号と発送状況は、以下になります。



大まかですが、こんなやり取りの連絡が発注者に入ります。







では、既存の印刷会社さんは如何でしょうか?




お手伝いしている印刷会社さんは、クライアントに対して
断片的には連絡していますが問題が起こった(起りそうな)時だけ
連絡をするというものでした。



いい古された事ですが、脱!製造業です。サービス業へ転身した
ネット印刷さんに何をしたら、勝てるのでしょうか?


今日はここまで・・・
[PR]
# by ko-tano | 2013-09-25 20:58 | 仕事
月刊総務 総務のコスト削減 編 記事載りました!
facebookもtwitterも殆ど更新しない人間です
ブログ位はしっかり書きたいところなのですが、また時間が空いて
しまいました。

さて、この度、月刊総務という雑誌のコスト削減をテーマにしている
枠で、ザップの記事がございます。

http://www.g-soumu.com/

c0091880_1911053.jpg


宜しければ、お読み下さい。


日頃、営業、マーケティング、広報 という部署には、我々の送料コストダウンの
お話をする機会は多いのですが、なかなか総務部チャネルというのはレアであり
話も緊張しました。

何かの参考にしていただけたら、幸いでございます。

特に何か個別に相談した、自社のケースにあてはめて提案をいただきたいなどの
対応もしております。

お気軽にご相談ください。

ケースも様々なら、それを解決する策も様々ですし、一般的にはレアすぎて出て来こない
局のサービスもございます。

c0091880_1972789.jpg

[PR]
# by ko-tano | 2013-09-10 19:07 | 仕事
マインドを上げる!とは・・・
何が原因で、そうなっているかはさておき・・・
マインドの上がらない時というのはあります。

これがムラがある原因でもあるかもしれません。


個人により、その解消は違うでしょう。
その方なりのやり方でマインドがキープされ
或いはアップできるのであればこの上ないと思います。

買い物をする
酒を飲みにいく
映画館で映画をみる
ドライブに出掛ける
運動をする

何でもいいのですが・・・僕には上記に上げたことをしても
全然マインドが上がりませんでした。

むしろ、逆効果!マインドがダウンするような感覚さえありました。

(運動はその間、運動する事に集中するのでリフレッシュは
できますが、マインドを上げる効果はないように思いました。)

 しかし、最近、自分なりに気付いた事があります。
自分なりのマインドを上げる突破口を見つけたのです。

それは、照れ臭く・・・書きにくいことなのですが


「小さな親切」をするということです。

特に車で動く時には、実行しやすく効果も大きいです。



・左折を待つ車があれば、スピードを調整して左折させる
(後ろの車の流れもスムーズにします)

・狭い道、対向車を先に行かせて上げる

・対向車が待ってくれていたら、手を上げて礼を伝える

イライラしている時や何とも落ち着かない時にこそ、効果がありますし
その日一日がスムーズになります。何より自分にどんどん返ってくる
ように思え“小さな親切を”運転時、気をつけるようにしています。

 結論、結局自分が生きにくくしているのだと思うわけです。
[PR]
# by ko-tano | 2013-08-01 21:00 | 雑談
提案書に投資する時間
無駄な時間ではなかった・・・・自分の投資した時間が
何倍にもなって報われたような思いになることがあります。


「この話、提案書いただけますか?」嬉しい反面複雑な
気持ちも同時に湧き出てきます。
書いたからといって、採用されるとは限らないからです
もちろん、それが仕事ですし、よくわかっています。


こうして増えていく提案書がある為に、アレンジして書ける
文言や商品を換えれば別な会社でも使える良さもあるのですが

なんといいまして、過去に書いた提案書、そのまま社名だけ
A社御中をB社御中に修正して出しただけで喜ばれる時の感動
は何ともいい気分です。


こちらの提案そのものがストライク!だったわけでして、出す
企業様とタイミングが違っただけで反応は全く違う、着眼・考え
が受け入れられた瞬間です。

以前に先輩から「提案書は、自分の為に書け。書いた数だけまとまり出す」
と教えてもらった事があります

まとまりだす・・・とは、

内容がブラッシュアップされていく、ブレナない
いいものになる!という点と

もう一つ

提案内容を積極的に話をする、すると・・・書いた特定の企業だけでなく
興味をもっている他の企業で日の目を見る機会が出てくる。


この2点です。



 そして、また、あの日書いた提案書が、動こうとしています。
書いたらしゃべる、準備と行動のパターンです。
[PR]
# by ko-tano | 2013-07-08 19:51 | 仕事